美活!美肌になるための奥義!

美肌情報をお届け!みんなで綺麗になろうよ!

syamozi

敏感肌の人にとって、むだ毛処理はなかなか難しい事も少なくありません。

カミソリで剃っている人もいるでしょうが、もう次の日位には少し生えてきて、ジョリジョリした状態になってしまいます。

男性のヒゲの様に毎日剃るのは肌にも負担が掛かるし、とはいえむだ毛をはやしたままにしておく事は出来ない、悩ましい所です。

そういう場合は、脱毛クリームを使ってみてはどうでしょうか。

毛を溶かしてくれるので、簡単に処理ができます。

とはいえ、毛を溶かしてしまう程の強力なものなので、肌が荒れてしまうのではないかと心配になる人もいるでしょう。

しかし、脱毛クリームには敏感肌用も有るので、デリケートなお肌の持ち主の人も安心して使う事が出来ます。

ただ、肌質は人それぞれで違うので、敏感肌だと感じている人は毎回パッチテストをするようにしましょう。

すこし面倒に感じるかもしれませんが、毎回行えばそれだけ安全に使えるようになります。

また、女性はホルモンのバランスによって1か月の間にかなり肌質が変わってしまいます。

生理前から生理中はどうしても肌が敏感になっているので、敏感肌の人は勿論、日頃はそれ程肌が敏感ではないと思っている人も、無理な処理をしないようにしましょう。

出来れば、この時期は外して、ホルモンバランスが整っていて肌のコンディションも良い時にしっかりと処理するのをお勧めします。

そうして自分のバイオリズムと良く相談しながら脱毛クリームを使っていくと、余計なトラブルを起こさずにむだ毛処理が出来るでしょう。

脱毛クリームでも肌荒れや赤みができてしまう場合は抑毛ローションと呼ばれるアイテムを使うのがベストだと思います。

徐々に発毛を遅らせてくれたらいムダ毛を細くしてくれる効果があるので脱毛クリームとの相性も良いんですよね(・ω<)

足のむくみ。
みなさんはどのくらいお悩みでしょうか。
足がむくむとブーツや靴がキツくなったり、足が太く見えたりとあまり
いいことはありませんよね。

女性に生まれたからは、スッキリしたきれいな足でいたいものです。

では、どうすれば足のむくみを解消できるか。

解消方法がすべての人に効果があるわけではないと思っていますが、私がやっている、むくみ解消法は足を高くして眠ることです。

クッションでも構いません。頭より足を高くして眠ることです。
わたしはこの方法でだいぶむくみがとれます。

仕事柄毎日立ちっぱなしの仕事なので、疲労が蓄積された日などは足を見たらわかります。

やはりパンパンになっているのです。

そして朝、出勤前に楽に履けていたパンツが、退社前に着替える時にはキツくなっているのです。

そんな時は、あぁ今日も足上げして眠らなきゃなと思うのです。

足を上げて眠ったらすぐに良くなるわけではありません。

少しは良くなるけど、完全に戻っていない時もあります。足がむくんでいるときに、普段より多めに水分を取ってしまった時などは戻りません。

やはり足のむくみは、体の水分が足に溜まっているから症状が現れるんだと痛感しました。

足のむくみは体の疲労の蓄積と思い、足がむくんだ時にはゆっくりお風呂につかって体を休めたりするのが一番なのではないでしょうか。

もしむくみ解消アイテムを使いたい場合は、サプリメントがおすすめです。体の内側から体質を変化させてくれて、普段とれない栄養素もしっかりと補給できるのが良いんですよね!

むくみサプリを徹底検証!人気サプリを試した結果(๑´ڡ`๑)

浮腫み解消に役立つサプリは上記のサイトで詳しく紹介されていました。参考にしてみてください!

女性の画像

私はけっこう早い時期からニキビに悩まされていて、中学に入ると同時くらいから思春期ニキビがポツポツとでき始めました。

その年頃はまだ周囲にはニキビができている友達のほうが少なく、私だけが目立っているんじゃないかとすごく悩んだものです。

そしてそんなニキビが気になり、つい触ってしまったりつぶしてしまったりして、余計に悪化させてしまうなんてこともありました。ニキビは潰すとダメだとはわかっていても、角栓や芯のようなものを搾り出すと一見ニキビが治ったように見えるため、どうしてもそんな風に搾り出してしまっていました。

そしてそれがニキビ痕になって残ってしまったり、シミのようなものになってしまったりして後になって後悔することになるのです。

そうしたことで私は思春期ニキビができている期間が長かったので、その分肌荒れもひどかったです。

そんな私だったので、ニキビケアも含めたスキンケアはいろいろと試しました。母親の基礎化粧品を勝手に借りて洗顔後に肌に塗ったり、それまで使っていた洗顔料を天然成分配合の米ぬか石鹸に変えたりして、何とか思春期ニキビを改善させていこうと頑張りました。

そうしたおかげか高校生になる頃には、思春期ニキビもずいぶんと改善されてきました。まだところどころニキビ痕は残っていたのですが、肌が地黒な私はそこまで目立つこともなくホッとしたものです。それまでは肌の黒いことを欠点だとしか思っていなかったのですが、それがまさか役に立つことになるとは思ってもみませんでした。

今では週に2回は大人ニキビ予防ケアを一応、行っています。20代になってもニキビができるので、またあの思いはしたくないので、念を入れてケアしてます。特に保湿には力をいれているので、乾燥知らず、今のところは綺麗な素肌を保つことができています!

化粧品に求めることとして、最も重要視していることに美白効果があります。
多くの人は綺麗な白い肌に憧れていますが、私も当然美白には力を入れています。
美白化粧水や美容液は市販でもかなり取扱をしていますが、私の場合は美容クリニックで購入することにしています。

VCローション

クリニックで売っている美容液などは、美白成分が多く含まれている物が多いのが特徴です。
特にビタミンC配合の美容液は、市販よりも濃度が高いものが多く効果が出る可能性が高くなります。
単純に配合率が高いものであれば海外からの輸入もありますが、クリニックのメリットは日本人の肌に合っている化粧品を取り扱うことにあります。

ビタミンCが5%ほど配合されている美容液を利用していますが、以前に比べてかなり肌の透明感が出てきたことを実感しました。

最初のうちは慣れないためにニキビなども出ましたが、現在ではニキビも出ないし肌のハリや艶が上がっていると実感しています。

ビタミンCはサプリメントなどの飲み薬だけでは十分に吸収できないので、肌に直接作用する美容液を使うことで綺麗な肌になることができます。

クリニックは高いというイメージがあるかもしれませんが、市販とそれほど値段も変わりません。
効果が期待できるビタミンC美容液は非常にお勧めです。

若い頃はそれほどスキンケアに対して興味がありませんでした。
それもそのはず。しわやしみなんてまさか自分の顔にできるなんて想像もしていなかったからです。
でも30歳を過ぎた頃からなんだか肌の調子が怪しくなり、子供を生むといよいよ肌の調子の悪さが深刻化してゆきました。

そこでしっかりとスキンケアをしようと心に決めました。でもどのようにケアしていったらよいのか分かりません。

ネットで調べてみたり、友人に聞いてみたりして、色々と検討してみました。
そこでやはりパックが良いという結果にたどりつきました。

化粧水に関してはあれこれいままで試してみて肌に合うものがなく、やっと出会えたソーマ化粧品のものを引き続き使うことにして、根本的にケアの仕方についてのみ変えてみることにしました。

これまでは子供も小さかったりということで自分の肌に時間をかけることができなかったのですが、まず丁寧にお肌を扱うことを意識するようにしました。

お風呂上りにまずしたことはコットンにお水をふくませて、そこへ化粧水を3滴ほどたらし、顔全体になじませ、その後そのコットンをいくつかに分解してしわの気になる部分にペタペタはります。

このすきに子供の髪の毛を乾かしたり色々している間にしっとりお肌の完成となるのです。

保湿女子

皺、しみ…年齢とともに肌の悩みは増えていきます。
特にアラフォーにとって、肌の手入れの選択を間違えるわけにはいきません。
ここが最後の別れ道ですから。

肌トラブルの多くの原因は、乾燥と紫外線にあるコトは多くのアラフォー女性がご存知でしょう。
しかも、肌は大きく分けると表皮と真皮から出来ていることも多くの方がご存知ですね。

そして、皺やシミは真皮の部分に原因があるのです。
けれども、水分や栄養素は表皮までは浸透しますが、真皮には染み込みません。肌のバリア機能があるからです。

でなければ、肌は水に長い間触れてればフニャンフニャンになってしまうでしょう。
生きてる人間にとって、この皮膚のバリア機能はとっても大切なものなのです。

つまり残念ですが、いくら肌に外側から保湿しても肌トラブルの原因がある真皮部分には届かないのです。

だから、超音波美顔器などがもてはやされるのですね。
超音波美顔器は、真皮に働きかけ、保湿やターンオーバーを促します。その結果、美肌が戻ってくるのですね。

では、外からつけてる化粧水や美容液は意味ないのか…と言うと、そんなことはありません。

外付けの保湿だって必要なんです。
なんと言っても速攻性があります。

表皮が潤って健康だと、外の乾燥から肌を守れます。
ただ、手でパタパタ付けるのではなくコットンなどで、パックするのがおススメです。

お手持ちの保湿液で、コットンが乾かないように注意しながらのパックが効果的です。
勿論、インナードライの手入れは大事です。
でも、表皮の手入れも大事なんですよ。

睡眠が美容に良いのは周知の事実であります。しかし、たくさん寝たからといって良いのかといえば、そうではありません。夜10時から深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれ、最も体が回復する時間帯でもあります。

これは太古の昔から人間の体には、日の出とともに起きて日没とともに寝るといった体内時計が刻まれているからです。しかし現代社会ではそうはいきませんよね。これを実践するのは難しい方も大勢いると思います。

ここで理想的かつ現実的な時間帯としは深夜0時〜0時半くらいまでに寝るのが理想です。成長ホルモンは体内時計の影響を強く受けるので寝る時間が毎日ことなるとスムーズに成長ホルモンが分泌されてこなくなります!

就寝時間を毎日一定にするリズムをつけることが大切となります!