美活!美肌になるための奥義!

美肌情報をお届け!みんなで綺麗になろうよ!

化粧品に求めることとして、最も重要視していることに美白効果があります。
多くの人は綺麗な白い肌に憧れていますが、私も当然美白には力を入れています。
美白化粧水や美容液は市販でもかなり取扱をしていますが、私の場合は美容クリニックで購入することにしています。

VCローション

クリニックで売っている美容液などは、美白成分が多く含まれている物が多いのが特徴です。
特にビタミンC配合の美容液は、市販よりも濃度が高いものが多く効果が出る可能性が高くなります。
単純に配合率が高いものであれば海外からの輸入もありますが、クリニックのメリットは日本人の肌に合っている化粧品を取り扱うことにあります。

ビタミンCが5%ほど配合されている美容液を利用していますが、以前に比べてかなり肌の透明感が出てきたことを実感しました。

最初のうちは慣れないためにニキビなども出ましたが、現在ではニキビも出ないし肌のハリや艶が上がっていると実感しています。

ビタミンCはサプリメントなどの飲み薬だけでは十分に吸収できないので、肌に直接作用する美容液を使うことで綺麗な肌になることができます。

クリニックは高いというイメージがあるかもしれませんが、市販とそれほど値段も変わりません。
効果が期待できるビタミンC美容液は非常にお勧めです。

若い頃はそれほどスキンケアに対して興味がありませんでした。
それもそのはず。しわやしみなんてまさか自分の顔にできるなんて想像もしていなかったからです。
でも30歳を過ぎた頃からなんだか肌の調子が怪しくなり、子供を生むといよいよ肌の調子の悪さが深刻化してゆきました。

そこでしっかりとスキンケアをしようと心に決めました。でもどのようにケアしていったらよいのか分かりません。

ネットで調べてみたり、友人に聞いてみたりして、色々と検討してみました。
そこでやはりパックが良いという結果にたどりつきました。

化粧水に関してはあれこれいままで試してみて肌に合うものがなく、やっと出会えたソーマ化粧品のものを引き続き使うことにして、根本的にケアの仕方についてのみ変えてみることにしました。

これまでは子供も小さかったりということで自分の肌に時間をかけることができなかったのですが、まず丁寧にお肌を扱うことを意識するようにしました。

お風呂上りにまずしたことはコットンにお水をふくませて、そこへ化粧水を3滴ほどたらし、顔全体になじませ、その後そのコットンをいくつかに分解してしわの気になる部分にペタペタはります。

このすきに子供の髪の毛を乾かしたり色々している間にしっとりお肌の完成となるのです。